どんな住宅にリフォームしたいのか

バリアフリー機能を追加しよう

年齢を重ねると必要になる

リフォームするなら、バリアフリー機能も追加してください。
廊下に手すりをつけたり、段差をなくしたりするのがおすすめです。
すると足腰が不自由になっても、自分の力で移動できます。
そのような機能が備わっていないと、移動する時も人の手を借りなければいけません。
介護の負担が大きくなってしまいます。
バリアフリー機能を追加して、介護する負担を減らしてください。

負担が大きいと、お互いのストレスが溜まります。
平和な生活を送ることが、できないでしょう。
仮に足腰が悪くなっても、バリアフリー機能が搭載されていれば夫婦ともに、笑顔で生活を送ることができます。
今は元気でも、将来必要になるかもしれません。
将来のことも考えましょう。

危険な事故を回避しよう

高齢者が、自宅で事故を起こすケースが増えています。
何もないところで転んだり、お風呂で気を失ったりする事件が見られます。
健康な人なら難なく歩ける段差でも、足が不自由な高齢者にとっては大変です。
また高齢になると、骨が弱くなります。
少し転んだだけでも、骨を折ってしまう危険性があります。
転ばないよう、段差を低くするのがおすすめです。

また脱衣室と浴室の温度差に身体がついていけなくなって、気を失うこともあります。
もしお風呂で倒れそうになった時に、呼び出しボタンを押せば誰かが気づいてくれるので大事には至りません。
念のため、呼び出しボタンを備えておくのが良いでしょう。
安全性が高まるように、リフォームをしましょう。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ